カテゴリ

カテゴリ:健康食品

アラニンは血糖値を下げる

カテゴリ:
diabetes_1


アミノ酸の一種であるアラニンには、代謝に影響して血糖値を下げる効果があることが発見された。

アラニンは非必須アミノ酸の一種で、たんぱく質が生合成される際の原料となる。

Joslin Diabetes CenterとHarvard Medical Schoolの研究チームは、このアミノ酸にこれまで知られていなかった新しい機能があることを発見した。

研究によれば、アラニンはAMPキナーゼと呼ばれる酵素を活性化することで、細胞のエネルギー産生を上昇させる。その結果、インスリンに依存しない形で短期間の血糖値の低下につながるという。

alanine
アラニンの化学構造

AMPキナーゼは体中に存在し、栄養状態が悪くなった場合や運動時に活性化される。

この研究は、Molecular Metabolism誌に掲載された。

シトルリンは効果なし?増大効果に関する科学的根拠

カテゴリ:
exercise


シトルリンはアミノ酸の一種で、健康の維持や運動のためのサプリメントとして人気を得ています。

シトルリンは我々の体内で作られ、食品からも摂取できますが、さらにサプリメントとして摂ることで通常よりもシトルリンの体内濃度を高めることができます。

しかしシトルリンが本当に効果があるのかは、賛否両論あるようです。

このページでは、シトルリンのサプリメントとしての効能を科学的な研究結果とともに紹介します。

ブドウ成分を鼻から入れると肺がん予防に効果的

カテゴリ:
grape


ブドウに含まれる化合物であるレスベラトロールを鼻から投与することで、効果的に肺がんを防げるという研究結果が発表されました。

肺がんは、世界的に最も多くみられる種類のがんの一つです。

日本では、2018年に肺がんによって77000人以上が死亡すると予想されています(国立がんセンター)。

喫煙が最も大きな原因であり、80~90%の肺がんの原因と言われています。

【線維筋痛症】ビタミンDと抗うつ薬が症状を軽減する可能性

カテゴリ:
drug_2


ビタミンDが不足している線維筋痛症の患者は、ビタミンDのサプリメントと抗うつ薬の組み合わせで身体と精神の状態が改善するかもしれない。

この論文は、Medical Journal of the Islamic Republic of Iranに掲載された。

【ダイエットの科学】糖を食べて痩せる?マンノースが腸内細菌に与える影響

カテゴリ:
fat_2


マンノースという糖には、ダイエット効果があるかもしれません。

マンノースは代謝の改善と腸内細菌への影響によって、体重を減らす効果があることが動物実験から証明されました。この糖を摂ることで肥満を防ぐことができるかもしれません。

腸内細菌と我々の体重増加には、関連があると考えられています。

皮下脂肪の蓄積には、腸内細菌が重要な役割を果たしています。ある研究によれば、この体重をコントロールする過程には遺伝子よりも食事内容の影響が大きいそうです。

最近発表された新しい研究では、マンノースと呼ばれる糖が腸内細菌と体重増加に与える影響がマウスを使って調べられました。

mannose
マンノースの化学構造

食物繊維は脳の炎症を抑え、老化を遅らせる

カテゴリ:
vegitables


食物繊維は健康を保つための鍵となる栄養素ですが、新たな研究によって脳の老化を防ぐ効果もあることが報告されました。

食物繊維の豊富な食品を食べると、炎症を防ぐ効果のある脂肪酸であるブチレートが産生され、その結果、脳の老化が遅れるということです。食物繊維が豊富な食品には、ブロッコリー、ナッツ、オーツ、豆、全粒穀物などがあります。

この研究は、Frontiers in Immunology誌に発表されました。

ビタミンDに驚きの健康効果あり!?最新研究まとめ

カテゴリ:
shitake


最近の研究によって、ビタミンDが心臓病やがんを含む様々な病気に対して効果を持つことが明らかになってきています。

ビタミンDは、私たちの肌に日光が当たることで合成されますが、食品から摂取することもできます。

特に冬の日照時間が短い季節には、ビタミンDを多く含む食品やビタミンD強化食品を摂ることが推奨されます。ビタミンDを多く含む食品には、青魚、肝臓、卵黄やキノコがありますが、ビタミンDが強化されたミルクやシリアルからも摂ることができます。

vitamin D2
ビタミンD2

実は、最近になってビタミンDには、多くの驚くべき効果があることが明らかになってきました。

一体どのような作用があるのでしょうか?

肥満を改善する生活習慣10選

カテゴリ:
lady_1


健康を保つためには、食事や運動に気を付けることは欠かせません。ただし、ダイエットする時には正しい方法で行うことが大事です。

巷にはダイエット効果を謳ったサプリメントや食事法が数多くありますが、その多くは科学的根拠を持っていません。

誤った方法によってダイエットを行っては、健康を害する危険すらあります。ダイエットをするときは、科学的な根拠に基づく方法で健康的に体重を減らしましょう。

特に体重を減らす目的であれば、運動よりも食事内容に気を付けることが効果的だということが知られています。実際に、ある研究によれば、運動だけでは体重を減らす効果は小さいようです。

運動以外の科学的に実証されたダイエット方法には、摂取カロリーの記録、断続的な断食、そして、炭水化物を減らすことなどがあります。

今回は、そんな科学的な根拠を持つ10の生活習慣とダイエット方法をご紹介します。




このページのトップヘ

見出し画像
×