headache_2


酸化ストレスを引き起こす酵素であるミエロペルオキシダーゼの働きを阻害することで、多発性硬化症(MS)モデル動物の血液脳関門が保護され、免疫細胞の脳への移行と神経細胞への攻撃が抑えられることが明らかになった。

血液脳関門の破綻は、MSなどの様々な疾患の特徴であり、この組織が破壊されると免疫細胞などが中枢神経へ侵入することを防げなくなる。

テネシー州ナッシュビルで開催された2018 Consortium of Multiple Sclerosis Centers Annual MeetingでミエロペルオキシダーゼとMSに関するこの最新の研究が発表された。

続きを読む