researcher_1


抗体医薬GNbAC1は、再発寛解型の多発性硬化症(MS)患者への投与が開始されて一年後の時点で、脳の萎縮を防止し続けていることが開発会社により発表された。

GeNeuro社とServier社は、第2b相臨床試験の12か月時点での結果について報告した。

モノクローナル抗体であるGNbAC1は、有害なレトロウイルスのたんぱく質であるpHERV-Wを破壊することで、MS患者での脳の損傷を防ぐと考えられている。

続きを読む