カテゴリ

カテゴリ:ダイエット

体重制限はⅡ型糖尿病治療の決定打になるか

カテゴリ:
diet_1


糖尿病の治療法確立を目指す臨床試験DiRECTの一年目の結果が公表された。その結果によれば、厳密な体重制限さえすれば、投薬治療なしでも半数の患者で症状が寛解したという。


今回の臨床試験、Diabetes Remission Clinical Trial (DiRECT)は、Newcastle UniversityのTaylor教授らによって行われた。最近、The Lancet誌に掲載された論文では、厳密な体重管理をプライマリーケアの支援の下で行えば、Ⅱ型糖尿病の寛解が得られる可能性が示された。

【ダイエット方法の科学】朝食を抜く減量効果は体型によって変わる

カテゴリ:
breakfast_1


新たな研究により、朝食を食べるか食べないかが代謝に与える影響は、痩せた人と太った人で異なるという結果が報告された。


The Journal of Physiology誌に新たに掲載された論文では、朝食を食べることによる脂肪細胞への影響が痩せた人と太った人を対象に研究された。
 

【ダイエット方法の科学】運動は無駄?食生活を変えないと体重は減らない

カテゴリ:
excercise_1


ジムに通って運動しさえすれば体脂肪は落ちるという考えは、改めなければいけない。 新たな研究によって、少なくとも女性では、運動しただけでは体重を落とす効果は少ないということが明らかになった。

Bangor大学の研究チームは、食生活を変えることなく週三回、4週間あるいは8週間に渡ってエクササイズ教室に通ったとしても、体重を落とすことはできないという研究結果をApplied Physiology, Nutrition, and Metabolism誌に発表した。


【ダイエットの科学】シナモンの脂肪燃焼を促進する効果

カテゴリ:
cinnamon_1


シナモンの香り成分であるシナムアルデヒドが、脂肪細胞に作用して脂肪の代謝を促進することが解明された。 

Michigan大学の研究チームは、シナモンの成分であるシナムアルデヒド(cinnamaldehyde)が、人間の脂肪細胞に及ぼす影響についての研究をMetabolism誌に発表した。以前の研究により、シナムアルデヒドがマウスの肥満や高脂血症を抑えることが知られていたが、今回の研究ではその作用メカニズムに焦点が当てられた。


カテゴリ:
現代社会では生活習慣の変化によって、肥満やメタボリックシンドロームが大きな問題となっている。これらの問題を解決しうる方法として、最近では断食が注目を集めている。

これまでの研究によって、定期的な断食の良い影響として、酸化ストレスや炎症の抑制、インスリンの働きの改善、老化を遅らせるといった効果が報告されている。これらの事実から、5日間は普通の食事をして、2日間は断食をするという「5:2ダイエット」と呼ばれる食習慣がポピュラーになりつつある。

カロリーを制限することが健康に良いという証拠は集まってきているが、どのような理由で断食が良い影響を与えるのかは、まだ解明されていない。トロント大学の研究チームは、定期的な断食がもたらす体への影響を動物実験により研究し、褐色脂肪細胞と白色脂肪細胞が重要な役割を果たしていることをCell Research誌に発表した。

このページのトップヘ

見出し画像
×