カテゴリ

カテゴリ:多発性硬化症

【多発性硬化症】疾患修飾療法による感染症リスクの副作用

カテゴリ:
Cold_1


大規模な調査によって、第一世代の疾患修飾療法は多発性硬化症(MS)患者の感染症リスクを高めないことが証明された。

疾患修飾療法は、免疫系に作用して炎症を抑えることで、MSの再発リスクを下げるために用いられる。病気の治療には役立つものの、これらの治療法は免疫系を抑制するため、感染症のリスクを高める懸念もある。

多くの臨床試験では、疾患修飾療法の短期的な副作用のみが評価されてきた。

今回の研究を行ったカナダのチームによれば、これは疾患修飾療法の長期的な感染症リスクへの影響を調査した最初の大規模研究だ。


この論文は、Journal of Neurology, Neurosurgery & Psychiatry誌に掲載された。

多発性硬化症の疾患修飾療法はいつ止めるべきか

カテゴリ:
senior_1


多くの多発性硬化症(MS)の患者が、病気に関連する炎症を抑えるために疾患修飾療法を受けている。しかし、多くの患者で、この治療法はある時点から効果が弱くなってしまう。

効果が弱まった時に、治療を止めるべきだろうか?

最近の研究によれば、60歳以上の患者、かつ医師の指導による場合には、疾患修飾療法の中止によって良い結果が得られる傾向にあるという。

この研究は、Multiple Sclerosis Journal誌に掲載された。

【CBDオイル】線維筋痛症や多発性硬化症に対する有効性

カテゴリ:
Hempoil_1


カンナビジオール(CBD)は、大麻に含まれる100種類以上の化学物質のうちの一つです。最先端の研究によって、CBDが多発性硬化症や線維筋痛症の人々に役立つ可能性が示唆されています。


2013年の総説によれば、CBDには多発性硬化症、線維筋痛症、関節リウマチなどの疾患からくる痛みを緩和する効果があります。

ただ、CBDの有効性については、現時点で科学的にしっかりと確立されているとは言えません。例えば、アメリカの食品医薬品局(FDA)は、CBDの医療への使用を承認していません。CBDについては、さらなる研究が必要と言えるでしょう。

しかしながら、多くの人がCBDを使っているのも事実です。本記事では、CBDがどうして繊維神経症等の痛みを和らげるのかについての最新の研究や、CBDの適切な使用法と副作用の可能性などをチェックしていきましょう。

長時間作用型の多発性硬化症治療薬グラチラマー酢酸塩の開発 Mylan & Mapi Pharma社

カテゴリ:
camel_1


Mylan社とMapi Pharma社は、共同でグラチラマー酢酸塩デポ剤の開発と市販化を行う予定だ。この薬は、多発性硬化症(MS)治療薬であるコパキソンの長時間作用型の製剤だ。

この協定では、Mylan社がこの治療法の国際マーケティング権を取得する。

【再発型多発性硬化症】治療薬マベンクラッドが承認される

カテゴリ:
UAE_1


アラブ首長国連邦は、中東とアフリカの国として初めてクラドリビン錠剤であるマベンクラッド(Mavenclad)を高活性な再発型多発性硬化症(MS)の治療薬として承認した。


この治療法は、現地の規制手続きが完了した後に入手可能になると見られる。

メルクKGaA社は、マベンクラッドがアラブ首長国連邦の健康予防省による迅速化された審査を経て、承認されたことを発表した。

出産時の麻酔は産後の多発性硬化症の再発リスクを高めない

カテゴリ:
baby_1


出産時の痛みを抑えるための局所麻酔は、多発性硬化症(MS)の女性が出産後に病気を再発するリスクを高めないという研究結果がヨーロッパから報告された。

この研究では、硬膜外鎮痛法(neuraxial analgesia)という方法を対象にしており、その論文はMultiple Sclerosis Journal誌に掲載された。

多発性硬化症の日常が体験できるカフェ in ダブリン

カテゴリ:
cofee_1


最近、アイルランドの首都ダブリンにオープンしたカフェでは、多発性硬化症(MS)患者の生活を垣間見ることができる。このカフェの目的は、アイルランドのMS患者がいかに治療を必要としているか、その緊急性を訴えることだ。

この「MSunderstood Café」では、日々の生活の中でMS患者が直面する困難さや症状を、来店客が体験することができる。MS患者の協力により、状況が可能な限り忠実に再現されている。

抗体医薬が多発性硬化症での脳萎縮を防ぐ 第2相臨床試験

カテゴリ:
researcher_1


抗体医薬GNbAC1は、再発寛解型の多発性硬化症(MS)患者への投与が開始されて一年後の時点で、脳の萎縮を防止し続けていることが開発会社により発表された。

GeNeuro社とServier社は、第2b相臨床試験の12か月時点での結果について報告した。

モノクローナル抗体であるGNbAC1は、有害なレトロウイルスのたんぱく質であるpHERV-Wを破壊することで、MS患者での脳の損傷を防ぐと考えられている。

このページのトップヘ

見出し画像
×