カテゴリ

カテゴリ:多発性硬化症

【多発性硬化症】過剰な塩分がMSの炎症を引き起こす仕組み

カテゴリ:
salt

新たな研究によって、過剰な塩分の摂取が多発性硬化症(MS)の炎症を引き起こす仕組みが解明されました。

MSは、神経細胞を保護する役割を持つミエリンという構造を免疫システムが破壊することによって起こる自己免疫疾患です。

MSの原因はいまだ明確ではありませんが、遺伝的な因子と環境因子の両方が重要と考えられています。

環境因子としては、ビタミンD不足、喫煙、肥満、塩分の過剰摂取がMSのリスクを高めるとされています。塩分を取りすぎることで、脳の炎症を引き起こしたり、炎症を引き起こす細胞の数を増加させることが知られていました。

しかし、この塩分の効果を説明する分子機構は知られていませんでした。最近の研究により、過剰な塩分が自己免疫疾患を引き起こす仕組みが明らかにされました。

この論文はNature Immunology誌に掲載されました。

【多発性硬化症】脳のリンパ管が発病に果たす役割

カテゴリ:
massage


多発性硬化症(MS)の原因は、いまだに解明されていません。しかし、新たな研究によれば、脳内のリンパ節から送られる奇妙なシグナルがMSの発症に関与しているかもしれません。

MSでは、神経細胞を取り巻くミエリン鞘を免疫系が攻撃することによって、脳細胞のネットワークが影響を受けます。

これによって体のバランス障害や筋肉の弱化、視覚障害などのMS症状が現れます。

どうして免疫系が脳細胞を攻撃してしまうのか、その理由はいまだに解明されていません。

しかし、バージニア大学の研究チームが発表した論文によれば、リンパ節からの予想外のシグナルが発病に関与する可能性があるようです。

【多発性硬化症】コレステロール生合成阻害薬による神経の再生

カテゴリ:
neuron


コレステロールの生合成を阻害する薬剤がミエリンの再生を促進することが発見された。この発見は、多発性硬化症(MS)の新たな再生医療へとつながるかもしれない。

実際に、Convelo Therapeutics社からの発表によれば、同社はこの画期的な発見を基にした新薬開発に乗り出すという。

この研究論文は、Nature誌に掲載された。

【多発性硬化症】長期間の疾患修飾療法は再発型から二次進行型への悪化を防ぐ

カテゴリ:
helper_1


18年間の追跡調査によって、長期間の疾患修飾療法(DMT)を行うことで、多発性硬化症(MS)の一種である再発寛解型MSの悪化リスクを下げられることが示された。

しかし、これらの治療はすでに二次進行型MSへと進行した患者には効果が見られなかった。

この研究は、Multiple Sclerosis Journal - Experimental, Translational and Clinical誌に掲載された。

【多発性硬化症】短期間の断食が症状に与える効果

カテゴリ:
fasting_3

多発性硬化症の症状を管理するための食事療法として、短期間の断食が有効な可能性が報告された。

多発性硬化症(MS)では、免疫系が誤って神経細胞を攻撃し、ミエリン鞘を傷つけることによって、神経細胞による信号の伝達が妨害される。これにより、筋肉の弱化、疲労、バランス障害、慢性的な痛みなどの様々な症状が生じる。

これまでに、MSに対する根本的な治療法は開発されておらず、治療としてはもっぱら症状の管理に重点が置かれている。

一部の研究によって、食事療法がMS症状の管理に有効な可能性が示されているが、いまだに証拠は十分とは言えず、研究段階にとどまっている。

そこで、ワシントン大学の研究グループは、食事療法の一種として、断続的な短期間の断食が与える効果について、症状の管理に役立つかどうか研究を行った。

短期間の断食の効果について、MSのモデル動物を使った実験によって期待できる結果が得られたことから、Piccio博士らの研究チームは人間の患者を対象にした初期試験を行い、良好な結果が得られるかどうかを検証した。

これらの研究成果は、Cell Metabolism誌に発表された。

【多発性硬化症】日光、フルーツ、コーヒーはMS発症リスクを下げる

カテゴリ:
coffee fruits


日光を浴び、日常的にフルーツを食べ、コーヒーを飲むことは、多発性硬化症(MS)のリスク低下につながることがサウジアラビアから報告された。一方で、ファストフードの食べ過ぎはリスクを上げることも明らかになった。

この研究は、BMC Neurology誌に掲載された。

【多発性硬化症】カンナビジオールEHP-101は神経損傷を防ぐ

カテゴリ:
taima_1


大麻の成分であるカンナビジオール(CBD)由来の化合物EHP-101が、再ミエリン化を促進し、神経細胞への損傷を防ぐことが、多発性硬化症(MS)のモデル動物を用いた実験で示された。この化合物は、脳と脊髄の免疫細胞であるミクログリア細胞の活動を抑えることも明らかになった。

EHP-101の開発を行うエメラルド社は、今年の後半にもカンナビジオール(CDB)由来のこの治療法について、第Ⅰ相臨床試験を開始する予定だ。

【多発性硬化症】サティベックスは痛みの緩和に有効

カテゴリ:
memo_1


サティベックスは、多発性硬化症(MS)患者の痛みを和らげるのに有用で、冷たい物への痛みの感覚を改善することが研究により確認された。

この研究は、Medicines誌に掲載された。

このページのトップヘ

見出し画像
×