カテゴリ

カテゴリ:運動

シトルリンは効果なし?増大効果に関する科学的根拠

カテゴリ:
exercise


シトルリンはアミノ酸の一種で、健康の維持や運動のためのサプリメントとして人気を得ています。

シトルリンは我々の体内で作られ、食品からも摂取できますが、さらにサプリメントとして摂ることで通常よりもシトルリンの体内濃度を高めることができます。

しかしシトルリンが本当に効果があるのかは、賛否両論あるようです。

このページでは、シトルリンのサプリメントとしての効能を科学的な研究結果とともに紹介します。

【線維筋痛症】筋力トレーニングによる線維筋痛症の改善

カテゴリ:
training_1


線維筋痛症の患者に筋力トレーニングなんてとんでもないと思われるかもしれないが、適切なサポートと個人に最適化された運動を行うことによって、女性患者の健康が大幅に改善するという結果がスウェーデンから報告された。

「もし体を強くしたいと思えば、彼女らは運動を恐れてはいけません。しかし、適切な方法で運動することが必要なのです。筋力トレーニングの結果は痛みを増すだけで、効果がないと長く考えられてきました。しかし、実際には効果があるのです」と、博士課程で理学療法の研究をした後に理学療法士として活躍するAnette Larsson博士は言う。

【多発性硬化症】運動が減ると脳細胞の再生力が弱まる

カテゴリ:
jogging_1


運動に費やす時間や大きな筋肉の使用が減ると、脳の幹細胞の代謝に大きな変化が起こり、新たな神経細胞を作る能力が損なわれることが新たな研究によって示された。

多発性硬化症(MS)や脊髄性筋委縮症などの神経疾患患者において、運動が制限された場合には急速に症状が進行することがあるが、今回の発見によりその理由が説明できるかもしれない。

この研究は、Frontiers in Neuroscience誌に発表された。

日常的なジョギングがパーキンソン病の進行を遅らせる

カテゴリ:
jogging_1


パーキンソン病に対する運動の効果に関する新たな研究が発表され、高強度の運動が症状の進行を遅らせる可能性が示唆された。


パーキンソン病は、神経変性による運動機能障害で、体の様々な部位の制御できない震えやバランスの欠損が特徴として現れる。

Northwestern UniversityとUniversity of Coloradoの研究者らによって行われた試験によって、高強度の運動が初期段階のパーキンソン病患者にとって、運動機能障害の進行を遅らせるのに有益であることが示された(第二相臨床試験:Study in Parkinson's Disease of Excercise, SPARX)。

この結果に関する論文は、JAMA Neurology誌に掲載された。

筋力トレーニングが多発性硬化症による脳委縮を防止する

カテゴリ:
training_1


多発性硬化症では、運動することで運動能力を維持できることが知られているが、実はそれ以上の効果があるかもしれない。新たな研究によって、筋力トレーニングが病気の進行を遅らせる可能性が報告された。


Aarhus大学の研究者らは、週二回の筋力トレーニングを半年間続けた結果、再発寛解型多発性硬化症(relapsing-remitting multiple sclerosis, RRMS)の患者の脳委縮が防止されることを発見した。一部の患者では、特定の脳の領域の容積が増加する場合も見られた。この発見は、Multiple Sclerosis Journal誌に発表された。

【ダイエット方法の科学】運動は無駄?食生活を変えないと体重は減らない

カテゴリ:
excercise_1


ジムに通って運動しさえすれば体脂肪は落ちるという考えは、改めなければいけない。 新たな研究によって、少なくとも女性では、運動しただけでは体重を落とす効果は少ないということが明らかになった。

Bangor大学の研究チームは、食生活を変えることなく週三回、4週間あるいは8週間に渡ってエクササイズ教室に通ったとしても、体重を落とすことはできないという研究結果をApplied Physiology, Nutrition, and Metabolism誌に発表した。


運動が癌を防ぐメカニズムを解明 コペンハーゲン大学

カテゴリ:
エクササイズ


これまでに、運動が発がんリスクを下げることは疫学的に知られていたが、その分子メカニズムは明らかでなかった。コペンハーゲン大学の研究チームは、エピネフリンによるHippoシグナルの活性化が、そのメカニズムであることをCancer Research誌に発表した。

研究チームは、女性被験者に中度から高度の負荷の運動をさせ、その前後で採取した血漿を分析した。乳がん細胞を運動前後での血漿で処理したところ、運動後の血漿には乳がん細胞の増殖を抑制する効果があることを発見した。

その後の研究で、運動により血漿中に増加したエピネフリンが、制がんシグナルであるHippoシグナル経路を活性化することで、がん細胞の増殖が抑えられることが明らかとなった。


このページのトップヘ

見出し画像
×