カテゴリ

カテゴリ:病因

【線維筋痛症】神経伝達物質が果たす重要な役割

カテゴリ:
brain_2


神経伝達物質は、神経システムを活性化する重要なシグナル分子として働くが、この調節の異常が線維筋痛症の症状に影響を与えており、さらに診断に利用できる可能性が新たな研究により示された。

この研究は、 Biological Research For Nursing誌に掲載された。

【多発性硬化症】日光、フルーツ、コーヒーはMS発症リスクを下げる

カテゴリ:
coffee fruits


日光を浴び、日常的にフルーツを食べ、コーヒーを飲むことは、多発性硬化症(MS)のリスク低下につながることがサウジアラビアから報告された。一方で、ファストフードの食べ過ぎはリスクを上げることも明らかになった。

この研究は、BMC Neurology誌に掲載された。

【多発性硬化症】脳細胞の死を起こす新メカニズム

カテゴリ:
lightning_1


多発性硬化症(MS)で起こる特殊な形の細胞死を防ぐことによって、病気の進行を止められる可能性が新しい研究によって明らかになった。

その細胞死の形は、ピロトーシス(pyrotosis)と呼ばれ、pyroはギリシャ語で炎や熱を意味する。

研究チームによれば、ピロトーシスはMSで起こるミエリン鞘の破壊の裏にある「第一のメカニズム」であるという。

この研究は、Proceedings of the National Academy of Sciences誌に掲載された。

【多発性硬化症】発症メカニズムに関する画期的な発見 TOXたんぱく質による炎症の制御

カテゴリ:
researcher_3


多発性硬化症(MS)の原因は未だに解明されていないため、現在の治療法は、病気の原因を取り除くというよりも症状を管理することに重点が置かれている。

しかし、University of Genevaなどの研究チームによって、この病気の原因解明に一歩近づく発見がなされたかもしれない。

この研究結果は、Immunity誌に掲載された。

【多発性硬化症】EBウイルス感染がMS発症リスクを上げる

カテゴリ:
cold_2


一般的なEpstein-Barr(EB)ウイルスに感染することで、多発性硬化症(MS)の発症リスクが上昇することがCincinnati Children's Hospitalから報告された。

MSだけでなく、EBウイルスは他の6つの病気のリスクも増大させる。全身性エリテマトーデス、関節リウマチ、若年性特発性関節炎、炎症性腸疾患、セリアック病、Ⅰ型糖尿病だ。

この研究は、Nature Genetics誌に発表された。

慢性疲労症候群で甲状腺が果たす役割

カテゴリ:
neck_1


慢性疲労症候群(Chronic fatigue syndrome)の原因は未だ謎に包まれている。新たな研究が、この病気と甲状腺ホルモンの低下との関係を明らかにした。

アメリカ疾病管理予防センター(CDC)によれば、アメリカ合衆国では836,000人から250万人が慢性疲労症候群(筋痛性脳脊髄炎としても知られる)を患っている。

慢性疲労症候群は、非常に強い疲労感が特徴で、痛み、めまい、集中力の欠如を伴うこともある。

この疾患はしばしば生活の質の大幅な低下につながるにも関わらず、多くの人は公式な診断を受けることができず、病気の原因が不明なこともあって必ずしも適切な治療を受けることもできない。

そのため、この症状を特徴づける生物学的なメカニズムの解明に向けて研究が進められている。

最近、オランダとスペインの共同研究グループがこの病気に関する新たな説を発表した。

酸素センサータンパク質が多発性硬化症の炎症反応を制御する

カテゴリ:
researcher_3


酸素センサーとして働くタンパク質であるHIF-1αが免疫B細胞の活動を制御し、多発性硬化症などの自己免疫疾患で炎症を防いでいることが報告された。

この論文は、Nature Commjnications誌に掲載された。

酸化ストレスを防ぐと多発性硬化症の神経損傷が軽減する

カテゴリ:
mouse_1


酸化ストレスに関わる酵素を阻害することで、神経細胞の損傷が軽減され、新たな神経細胞の形成が促進されることが多発性硬化症(MS)のモデル動物で示された。

さらに、神経細胞を保護するミエリン鞘を作り出す細胞を増やす効果も確認された。研究チームは、動物実験として進行型MSのモデルマウスを用いた。

この研究の論文は、NeuroReport誌に掲載された。

このページのトップヘ

見出し画像
×