カテゴリ

カテゴリ:神経・認知

免疫細胞の脳への侵入を防ぐタンパク質が多発性硬化症の新治療法につながるか

カテゴリ:
security_1


我々の体が神経細胞の炎症から身を守るメカニズムとして、EGFL7と呼ばれるタンパク質を血液脳関門の細胞に増やすことで、免疫細胞が脳に入り込むのを防いでいることが分かった。ドイツとカナダの研究グループが報告した。


この発見により、EGFL7を利用した多発性硬化症(MS)の治療薬が開発できる可能性が示唆された。つまり、脳に免疫細胞が侵入するのを防ぐことによって、神経細胞での炎症を抑えられるかもしれない。

この論文は、Nature Communications誌に掲載された。

多発性硬化症の一般的な治療法の潜在的なリスク

カテゴリ:
medicine_1


多発性硬化症(MS)の治療薬として広く使われるβ‐インターフェロンの潜在的な副作用が、包括的な研究で明らかにされた。


この研究は、再発寛解型MSに対するβ‐インターフェロンの潜在的な副作用を明らかにすることを目的に行われた。1995年から2008年までのカナダ、ブリティッシュコロンビア州のMS患者2000人の医療記録が分析された。

研究の結果、β‐インターフェロンを用いたMS治療によって、心臓発作、片頭痛、うつ病、血液の異常のリスクが上昇することが明らかになった。

多発性硬化症の治療につながる神経細胞のミエリン回復メカニズムが解明される

カテゴリ:
神経細胞


多発性硬化症は、筋肉の弱化、視覚障害、麻痺などの症状が出る自己免疫疾患だ。今のところ、治療は症状の緩和を中心としているが、根本的な治療に向けた研究が続けられている。


多発性硬化症(MS)の根本的な原因は未解明であるが、一つの特徴として神経細胞の脱ミエリン化がある。

この脱ミエリン化のプロセスでは、免疫系が神経細胞を保護するミエリンを攻撃して損傷させる。この損傷の結果、神経細胞の間のシグナル伝達が妨害され、視覚や筋肉での症状が現れる。したがって、MSの研究者らが挑戦する目標の一つは、効率的に再ミエリン化を促す方法を探すことである。

男性ホルモンの神経保護作用が多発性硬化症の新治療法につながる可能性

カテゴリ:
headache_1


男性ホルモンであるテストステロンと免疫システムの関係の研究を通して、多発性硬化症を防ぐかもしれない新たな分子が発見された。


Proceedings of the National Academy of Science誌に発表された論文で、ノースウェスタン大学の研究チームがメスのマウスで多発性硬化症の症状を取り除く”保護分子”を発見したことを報告した。

多発性硬化症(MS)は、免疫細胞が神経細胞の周囲を保護するミエリン鞘を攻撃することにより発症する。症状は多岐にわたり、運動制御の失調、筋肉の弱化、痛み、感覚器の乱れ、認知機能の不全などが含まれる。

適度な飲酒には脳の老廃物を取り除く効果がある

カテゴリ:
liquor_1


新たな研究によって、適度な飲酒は脳の老廃物の除去を助けるという結果が明らかになった。飲酒を楽しむ人にとっては朗報になるかもしれない。


University of Rochester Medical Centerの研究グループは、一日あたりグラス二杯半の飲酒に相当するアルコールを摂取すると、脳の炎症が抑えられることを明らかにした。

さらに、脳の老廃物を排出する仕組みであるグリンファティックシステム(glymphatic system)の働きも適度なアルコール摂取によって向上した。

しかし、過剰なアルコール摂取はグリンファティックシステムの働きを阻害し、脳の炎症を引き起こした。

研究を主導したMaiken Nedergaard博士は、この論文をScientific Reports誌に発表した。

気分と記憶力を上げるにはターメリックが有効

カテゴリ:
turmeric_1


最近の研究によれば、カレーの香辛料であるターメリックに含まれる成分を食べることで、気分と記憶力を改善することができるかもしれない。


ターメリックには、様々な健康効果があることが知られている。例えば、すい臓がんの治療を助ける効果、心筋梗塞あるいはアルツハイマー病に対する効果などが示唆されている。

ターメリックに豊富に含まれる成分であるクルクミンが、これらの健康効果をもたらすと考えられている。クルクミンは、抗酸化物質として活性酸素の除去に役立つとともに、強力な抗炎症作用も持っている。

これらの効果に加えて、最近発表されたある研究によれば、クルクミンは脳に対する健康効果を持っていることが明らかになった。

既存の寄生虫治療薬がパーキンソン病の進行を止める可能性

カテゴリ:
doctor_2


研究者らは、サナダ虫の治療に使われる薬がパーキンソン病に関連する神経損傷を防止する可能性があることを突き止めた。この発見により、パーキンソン病での神経損傷を遅らせ、防止する方法の確立に一歩近づいたかもしれない。


米国NIHの推定によれば、全米には50万人のパーキンソン病患者がおり、毎年新たに5万人がパーキンソン病と診断されている。日本では、平成26年には13.6万人のパーキンソン病関連疾患が報告されている(難病情報センター)。

この病気には未だ確立された治療法がなく、病気の原因や治療法に関する研究が盛んにおこなわれている。

日常的なジョギングがパーキンソン病の進行を遅らせる

カテゴリ:
jogging_1


パーキンソン病に対する運動の効果に関する新たな研究が発表され、高強度の運動が症状の進行を遅らせる可能性が示唆された。


パーキンソン病は、神経変性による運動機能障害で、体の様々な部位の制御できない震えやバランスの欠損が特徴として現れる。

Northwestern UniversityとUniversity of Coloradoの研究者らによって行われた試験によって、高強度の運動が初期段階のパーキンソン病患者にとって、運動機能障害の進行を遅らせるのに有益であることが示された(第二相臨床試験:Study in Parkinson's Disease of Excercise, SPARX)。

この結果に関する論文は、JAMA Neurology誌に掲載された。

このページのトップヘ

見出し画像
×