健康科学速報

ヘルスケア分野の科学技術の海外ニュースを伝えます。

カテゴリ: 生活習慣病

Snack_1


スナック菓子などのジャンクフードは体に悪い。でも、分かっていても、ついつい食べてしまう。どうしてジャンクフードを我慢することは、こんなに難しいのだろうか?

ポテトチップス、ドーナッツ、クラッカー、フライドポテトなどのジャンクフードは、脂肪と炭水化物を多く含んでいるが、それ以外の栄養素に乏しく、これを食べすぎるとただ脂肪を蓄積する結果になる。

もしジャンクフードを食べ続ければ、我々の体は徐々にメタボリックシンドロームに陥り、肥満、糖尿病、あるいはがんなどのリスクを高めることになるだろう。

これらは何も新しい情報ではなく、我々はジャンクフードを食べることの結末をよく知っている。しかし、ジャンクフードを食べずに我慢することは難しいのもまた事実だ。健康に悪いと知りながら、それでもなおジャンクフードを食べ続ける人が多くいるのはどうしてだろうか?

続きを読む

doctor_3


新たに発表された総説によれば、残念ながら、ほとんどのサプリメントは心臓保護作用を持たないようだ。しかし、葉酸だけは心臓発作を防ぐ可能性がある

サプリメントは、食品だけでは不足しがちな栄養素を補う目的で使用される。しかし、一部のサプリメントには、がんや心臓病などの慢性的な疾患を防ぐとされるものもある。

例えば、ビタミンA、E、Cは、がんを防ぐ可能性が示唆されていたり、葉酸、ビタミンE、ビタミンDには、心臓疾患を防ぐ効果があるかもしれないと考えられている。しかし、科学的にはこれらの効果には議論の余地がある。

そこで、University of Torontoの研究チームは、ビタミンやミネラルのサプリメントが心臓に与える効果について検証するため、これまでに行われた研究を総合して評価した。

この研究は、Journal of the American College of Cardiology誌に発表された。

続きを読む

fasting_1

断続的な断食は、体重を減らそうという人々の間で人気になりつつある。しかも、最新の研究によれば、断食は加齢現象を遅らせたり、病気の予防にも有効かもしれない。

短期間の断食を行うことで、体内では脂肪からエネルギーを作り出す機構のスイッチが切り替わる。

我々の体は、通常は糖分(グルコース)からエネルギーを作るが、長期間の断食をすると、このエネルギー源は得られなくなる。

そこで、新たなエネルギー源として、我々の体は脂質を利用し始める。

脂肪酸は、ケトンと呼ばれる分子へと変換され、これが新たなエネルギー源となる。

最近の総説によれば、断続的な断食は、その他のダイエット法よりも健康的で、ケトンは他のダイエット法による副産物よりも細胞へのストレスが少ないという。

続きを読む

diet_1


糖尿病の治療法確立を目指す臨床試験DiRECTの一年目の結果が公表された。その結果によれば、厳密な体重制限さえすれば、投薬治療なしでも半数の患者で症状の寛解が得られたという。


今回の臨床試験、Diabetes Remission Clinical Trial (DiRECT)は、Newcastle UniversityのTaylor教授らによって行われた。最近、The Lancet誌に掲載された論文では、厳密な体重管理をプライマリーケアの支援の下で行えば、Ⅱ型糖尿病の寛解が得られる可能性が示された。

続きを読む

girl_3


造血幹細胞に存在するあるタンパク質を増加させることによって、免疫系の膵臓のインスリン産生細胞への攻撃を止めさせることで、Ⅰ型糖尿病を治療することが可能になるかもしれない。


Boston Children's Hospitalの研究者らは、造血幹細胞中のPD-L1と呼ばれるタンパク質の産生を増加させることで、糖尿病モデルマウスの高い血糖値の症状が打ち消されることを見つけ出した。この成果はScience Translational Medicine誌に発表された。


続きを読む

↑このページのトップヘ