oil_1


カンナビジオール(CBD)は、大麻に含まれる100種類以上の化学物質のうちの一つです。最先端の研究によって、CBDが多発性硬化症や線維筋痛症の人々に役立つ可能性が示唆されています。


2013年の総説によれば、CBDには多発性硬化症、線維筋痛症、関節リウマチなどの疾患からくる痛みを緩和する効果があります。

ただ、CBDの有効性については、現時点で科学的にしっかりと確立されているとは言えません。例えば、アメリカの食品医薬品局(FDA)は、CBDの医療への使用を承認していません。CBDについては、さらなる研究が必要と言えるでしょう。

しかしながら、多くの人がCBDを使っているのも事実です。本記事では、CBDがどうして繊維神経症等の痛みを和らげるのかについての最新の研究や、CBDの適切な使用法と副作用の可能性などをチェックしていきましょう。


CBDと大麻の違い



CBDは、大麻に含まれる数多くの成分のうちの一つで、大麻の健康上の効能の多くに関わっています。CBDオイルなどの濃縮されたCBDを使うことで、医療用大麻に比べて、より大きな効能を低いリスクで得ることができます。

大麻による高揚感をもたらす化学物質はテトラヒドロカンナビノール(THC)と呼ばれ、CBDとは全くの別物です。CBDを使用することで、高揚感が得られるという証拠はありません。

最近では、癲癇の子供にCBDを与えることで発作を減らす効果があるという理由でも、CBDは注目されています。



CBDはどのように効くのか



線維筋痛症に対するCBDの効果は、これまでにいくつかの研究で調べられています。しかし、CBDがどのように繊維神経症の症状を軽減するのかについて、決定的なことはわかっていません。また、CBDが効く人と効かない人の違いについても、わかっていません。

CBDが痛みを緩和する効果は、この物質の脳への作用によって説明できるかもしれません。つまり、CBDは神経細胞が痛みの信号を体から脳へ伝える経路に介入するのです。

また、CBDを単独で使った場合と、医療用大麻として使った場合の、どちらがより有効かについても議論があります。2006年の研究では、CBDをTHCと組み合わせて使った場合に効果が最も大きくなるという結果が報告されていますが、追跡調査は行われていません。

2016年の研究では、カンナビノイド受容体に結合する神経伝達物質であるエンドカンナビノイドが欠乏することで、偏頭痛や線維筋痛症などの慢性疾患が引き起こされるという説が提唱されています。CBDによってエンドカンナビノイドの欠乏が正されることで、慢性的な痛みが緩和されるのかもしれません。

CBDの作用機序については、さらなる研究が必要とされています。





CBDは痛みの緩和に有効なのか?



強固な科学的証拠とまでは言えないものの、CBDオイルを使用することで線維筋痛症の痛みが緩和されたとするデータが存在します。

CBDに関するより質の高い研究が、現在行われています。過去には、CBDよりも医療用大麻に関する研究が多く行われてきました。新しい研究では、CBDの効能がより注目されています。

2015年の総説では、慢性的な痛みに対するカンナビノイド使用について、線維筋痛症に限らず分析が行われました。11の研究のうち7つの研究で、CBDに痛みを緩和する効果が見られました。

2015年の別の総説では、医療用大麻による痛みの治療に関して、28件の無作為化された臨床試験が検証されました。

このうちの多くの試験は、多発性硬化症による痛みに関するものでした。検証の結果、医療用大麻を使用することで、慢性疼痛を治療できるという質の高い証拠が得られています。

2017年の研究では、線維筋痛症などの慢性疼痛の患者において、神経周辺の細胞の過剰な感受性から来る痛みにCBDが対抗できる可能性が示されました。ただし、さらなる研究の必要性も指摘されています。




合成カンナビスは有効か



2016年の総説では、人工的に合成されたカンナビスであるナビロンについて線維筋痛症への効果を評価しています。その結果、プラセボ薬に比べて有意な効果はなく、副作用も許容できる程度ではなかったということです。


CBDオイルの使用法



CBDオイルの使用法については、多くのウェブサイトが掲載していますが、専門家の間で使用法や使用量についての共通見解はありません。

CBDオイルについては、医療用大麻や線維筋痛症等に詳しい医師に相談するのが良いでしょう。

使用の際には、少量から開始して体の反応を注意深く観察しましょう。



副作用について



CBDやカンナビスによる副作用については、ほとんど科学的証拠がありません。

しかし、医療用大麻やCBDで現れる副作用としては、以下のものがあります。

  • めまい
  • 吐き気
  • 口の渇き
  • 眠気

これらは、多くの薬でみられる一般的な副作用です。




まとめ



線維筋痛症や多発性硬化症などの病気は、慢性的な疾患で、CBDで完治するものではありません。症状は治療の有無に関わらず、常に変化します。いろいろな処置を組み合わせることで、症状を緩和して病気と付き合っていく方法を見つけることが重要です。

CBDについては、医薬品や生活スタイルの改善などと組み合わせることで、最も良い効果を発揮してくれます。

医療関係者に相談の上、治療の一つとして試してみても良いかもしれません。








参考:How can CBD help with fibromyalgia?