guy_1


高血圧に対する治療法として、食事療法は医薬品と同じくらい有効かもしれない。これが、新たな研究により得られた結論だ。


研究者らは、高血圧の患者において健康に配慮した食事内容(Dietary Approaches to Stop Hypertention, DASH)は、医薬品と同等かそれ以上に収縮期血圧を減少させることをJournal of the American College of Cardiology誌に報告した。


SPONSORED LINK

収縮期血圧と拡張期血圧


血圧は、血液が血管の壁を押す力の強さを表し、ミリメートル水銀(mmHg)という単位であらわされる。収縮期血圧とは、心臓が鼓動を打って血液を押し出す時の血圧で、拡張期血圧は鼓動と鼓動の間の血圧のことを言う。

高血圧は、この血圧が正常な範囲を超えて高くなる症状で、対処しなければ心臓病、心臓発作、心筋梗塞などのリスクが高まる。

運動を増やしたり、健康的な食習慣に変えるなどのライフスタイルの変化が、高血圧を治療するために重要であるが、降圧薬などの医薬品に頼って血圧を下げる必要がある場合もある。

しかし、今回の研究では、DASH食事法と低食塩の食事法を組み合わせることによって、医薬品が必要ないほど血圧を下げることが可能であるという結論が得られた。


高血圧の食事療法


今回の研究では、412人の成人(23歳から76歳)が対象になった。試験の開始時点で、すべての参加者は降圧薬を使用しておらず、120mmHgから159mmHgまでの収縮期血圧と80mmHgから95 mmHgまでの拡張期血圧の範囲に収まっていた。

収縮期血圧によって、参加者は四つのグループに分けられた。それぞれのグループの収縮期血圧は、120~129 mmHg、130~139 mmHg、140~149 mmHg、150 mmHgかそれ以上、であった。

すべての参加者は、DASH食事法または欧米の一般的な食事を採るいずれかのグループに無作為に割り当てられ、12週間いずれかの食事を継続した。

DASH食事法は、National Heart, Lung, and Blood Instituteにより支持されている食事内容で、フルーツ、野菜、全粒穀物、ナッツ、豆、魚、鳥、脂質フリーおよび低脂質の食品から構成される。また、飽和脂肪酸と糖質を含む食品が制限されている。

DASH食事法に加えて、参加者は四週間毎に、3種類の異なる食塩量を採るグループに無作為に割り当てられた。それぞれのグループは、低食塩(ナトリウム換算で一日当たり1.15グラム)、中程度(一日当たりナトリウム2.3グラム)、高食塩(一日当たりナトリウム4.6グラム)の食塩を摂取した。


食事療法の試験結果


150 mmHg以上の収縮期血圧を示したグループでは、DASH食事法を採ることによって四週間後には平均で血圧が11 mmHg減少した。

最初の収縮期血圧が130 mmHg以下のグループでは、四週間のDASH食事法によって平均4 mmHgの血圧低下を示した。

さらに、DASH食事法を低食塩の食事と組み合わせた場合には、よりよい結果が得られた。

四週間DASH食事法と低食塩の食事法を実施した場合、130 mmHg以下の初期収縮期血圧のグループでは、平均で5 mmHgの収縮期血圧の減少が見られ、130~139 mmHgのグループでは平均で7 mmHgの血圧の下降が得られた。140~149 mmHgのグループでは、10 mmHgの血圧の減少が見られた。

特に効果が大きかったのは、収縮期血圧が150 mmHg以上のグループで、四週間のDASH食事法と低食塩食事法によって収縮期血圧が平均21 mmHgも減少した。


まとめ


研究者らは、この結果を驚くべき結果だと表現する。今回の結果からは、食事療法は医薬品による治療と同じくらい高血圧の治療に効果的だと言えるだろう。

DASH食事法の内容は、日本での一般的な食事と共通する部分が多く、食塩の摂取量に注意することによって、今回の研究結果と同じような効果を得られるかもしれない。

ただし、今回の研究では血圧160 mmHg以上の患者は対象になっておらず、それらの人での食事療法の有効性はこれからの研究課題である。





【論文】
Effects of Sodium Reduction and the DASH Diet in Relation to Baseline Blood Pressure (Journal of the American College of Cardiology)

【参考記事】
Hight blood pressure: Could diet replace medication? (Medical News Today)