marijuana
マリファナ(大麻)使用と性的活動の関係は、これまで明らかでなかったが、大規模な調査によりマリファナを常用すると性的活動が活発になることが強く示唆された。この論文は、Journal of Sexual Medicineに掲載された。

National Institute on Drug Abuseの2015年のレポートによれば、約2200万人が過去一か月間にマリファナを使用したという。このようにマリファナ使用は非常に一般的だが、マリファナと性的満足度の関係についてはこれまで科学的な調査がなされてこなかった。

Stanford大学の研究グループは、米国CDCによる大規模調査であるNational Survey of Family Growth(NSFG)から得られたデータをもとに解析を行った。具体的には、異性愛者の28,176人の女性と22,943人の男性に対して、「過去4週間に何回性交したか」と「過去12か月でマリファナを使用した頻度」を質問した。参加者の年齢は、25歳から45歳の間で、平均は女性が29.9歳、男性が29.5歳であった。

全体では、24.5 %の男性と14.5 %の女性が過去12か月にマリファナの使用歴があると答えた。そして、マリファナ使用者では、不使用者に比べて、性交の回数が20 %ほど上昇するという事実が明らかになった。マリファナを使用していない女性の過去4週間の性交回数は平均6回だったのに対し、マリファナ使用者では平均7.1回であった。男性は、マリファナ不使用者が平均5.6回なのに対し、マリファナ使用者は平均6.9回だった。

この傾向は、人種、性別、年齢、教育水準、収入、宗教、健康状態、独身か既婚か、子供がいるか等の条件に関わらず、マリファナ使用者で性交頻度の上昇が見られた。

今回の調査は、マリファナ使用と性交頻度の間に強い相関があることを示すが、かならずしも因果関係を立証するものではない。しかし少なくとも、マリファナ使用によって性欲や性交のパフォーマンスは減退することはなく、むしろ上昇するという関係がありそうだ。

【論文】
Association Between Marijuana Use and Sexual Frequency in the United States: A Population-Based Study (Journal of Sexual Medicine)

【参考記事】
Marijuana may increase your sex drive (Medical News Today)