はじめに


このページは、学振DCやPDの申請書を初めて書く人を想定して、その作成の要領が簡単にわかるようなものを目指して書きました。僕はこれまで、学振DCやPDの申請書を幾度か作成してきましたが、申請書って、結構時間を取られて、研究に使える時間を削られますよね。

効率的に書類を作成し、面倒くさい申請書を手際よく片付けて、早く研究に戻りましょう。

学振DC/PDの申請書は主に、「現在までの研究」「これからの研究計画」「受入先選定理由(PD、海外PD)」の三つのセクションから成っています。本稿では、「現在までの研究」について、効果的な書き方を考えましょう。


SPONSORED LINK

本題に入る前に、他にも学振関係の記事を書いているので紹介したいと思います。ぜひそちらもご覧ください。

学振制度について知る

申請書を書く上で重要な一般的注意事項


僕がPDや海外PDの受入先を選んだ時の話

業績が少なく不利な状況からの逆転を目指す人のために

申請書の書き方についてもっと具体的に知りたい人には

面接に回されてしまったら・・・


それでは、本題です。

勝つためにはどんな申請書を書くべきか


あなたは何のために学振を書くのですか?


申請書を作る経験を積むため?それとも、周りがみんな書くから?

僕の場合、申請書を書く最終的な目的は、当然ですが、お金をもらうことです。これがなければ、僕は研究者廃業です。お金をもらうには、厳しい競争に勝たなければいけません。

時間と労力をかけて書類を書くのだから、せっかくなら勝ってお金をもらったほうがいいですよね。


では、勝てる申請書とはどんな申請書でしょうか?

お金を出す側からすれば、学振DC/PD制度は未来の科学への投資です。

貴重な予算を投資するのだから、その投資先としては、面白い研究をやっている将来有望な研究者を選びたいのは当然です。したがって、選ばれるためには、あなたの研究がどれだけ新しくて重要なものかを申請書の読者に納得させなければいけません。


つまり、申請書を書く上で目指すべき目標は、自分がいかに優れた(将来の)研究者で、自分の研究計画がどんなに斬新で魅力的かということを、説得力のある形で表現するということです。


「現在までの研究」を書く上で目指すこと


「現在までの研究」には、自分がすでに研究したことを書くわけですが、まずはこの部分の役割を考えてみましょう。

申請書という性格上、「現在までの研究」に書くべきことは、単なる研究の紹介ではありません

これを書く第一の目的は、自分の研究の重要性やその中であなたが得た知識や技術を知らしめることで、自分がいかに研究者として将来有望かを浮き彫りにすることです。

そのための手段として、これまでに行った研究や、達成した成果を記述していくわけです。

また、このセクションのもう一つの目的として、「これからの研究計画」の中にあるあなたの独自性を引き立たせることが挙げられます。

「現在までの研究」と「これからの研究計画」との間に、関連や一貫性を持たせることによって、「これからの研究計画」の中にあるあなたの独自性を強調することができます。

ここで言う独自性とは、これまでの研究活動の中で培われた、あなた独自の「強み」のことです。

競争力のある「これからの研究計画」を作る上では、何をあなたの「強み」として考えるかが大事になってきます。その「強み」は、「現在までの研究」に書かれた事実を根拠とすることで、説得力のある形で提示されていなければなりません。




「現在までの研究」の書き方


では、具体的にどのように話を展開していけば良いでしょうか?実際に書類に書くべき項目は、親切にも書類上で指定されています。確認していきましょう。


「現在までの研究」に書くべき項目
  • 研究の背景、問題点
  • 解決方策、研究目的、方法
  • 現在までの研究経過、得られた結果
  • 特色と独創的な点

これらの項目について、この順番で記述していけばOKです。次に、それぞれの項目で述べる内容について考えていきましょう。

研究の背景、問題点

研究の背景は、普通にあなたの研究テーマで扱う対象について導入を書けば良いですが、紙面が限られるので、最も重要な事項に絞って、簡潔な記述に努めましょう。

問題点では、あなたが解決しようとする社会的、科学的に重要な課題を挙げます。これによって、どうしてあなたの研究が意義深いのか、よく理解できるようにしましょう。

また、「現在までの研究」における問題点には、これまでのあなたの研究の中で、すでに解決した問題を設定できるとベストです。

仮に、あなたがこれまでに達成したことが、大きな目標の途中の小さな目標であった場合には、その小さな目標をこのセクションの問題点として提起するのも一手です。そうすることで、この「現在までの研究」の中でストーリーを完結させることができ、申請書としての格好がつきやすくなります。また、「現在までの研究」の中でいったん完結すれば、続く「これからの研究計画」の中で、新しい課題に挑戦する姿勢を打ち出しやすくなります。


解決方策、研究目的、方法


「解決法策、研究目的、方法」の部分には、先程述べた問題点を解決するための作業仮説や研究手法について書きましょう。

大事なことは、ここに自分の独自性を入れていくことです。仮説や手法にオリジナリティの主張できる部分があれば、その部分がすぐに分かるような書き方を心がけましょう。


現在までの研究経過、得られた結果


「現在までの研究経過、得られた結果」の部分には、これまでに得られた研究結果について、具体的に記述していきます。ただし、細かい実験条件などは、よほど重要なポイントでない限り、書く必要はありません

この部分は事実をそのまま書いていくことになるので、それほど頭を使う余地はないかもしれません。

ただし、ここでも重要なことは、自分の独自性と研究の社会的、科学的意義を主張することを念頭に、そのサポートになるような書き方を心掛けることです。つまり、独自性や重要性の根拠となる具体的な事実を、「現在までの研究経過」の部分に分かりやすく提示しましょう

例えば、自分が発見した新事実や自分が開発した新技術は、すぐにそれと分かるように強調しましょう。また、査読付論文や目立った学会発表などがある場合には、これでもかとアピールしましょう。

特色と独創的な点

「特色」という言葉は、言い換えれば、あなたの研究の「売り」「自慢」ということになるでしょう。要は、あなたの研究のどこが凄いのか、ということです。つまり、あなたの研究の社会的、あるいは科学的な重要性はどこにあるかを書いて下さい。

「独創的な点」とは、あなた独自の発想や方法のうちで、他人には簡単に真似できないもののことです。例えば、自分しか知らない事実をもとにした発想や、習得が難しい技術、独自開発した技術などです。

「特色と独創的な点」の部分は、「現在までの研究」の結論と言うべき部分です。

「研究の背景、問題点」で張った伏線を回収しつつ、「現在までの研究経過、得られた結果」の中で提示した事実を根拠として、あなたの研究の重要性と独自性を分かりやすく、納得できる形で書いて下さい。