健康科学速報

ヘルスケア分野の科学技術の海外ニュースを伝えます。

2018年02月

Idea_1


ある幹細胞療法の第Ⅰ相臨床試験において、多発性硬化症(MS)患者の四分の三の神経症状が改善されたことがNew Yorkの研究グループから報告された。


この結果を受けて、Tisch MS Research Centerの研究グループは、この治療法の安全性と有効性を調べるための第Ⅱ相臨床試験を開始する予定だ。

間葉系幹細胞から作製された神経前駆細胞を脊柱管に直接注射するこの療法によって、20人の被験者の多くで筋肉の強度と膀胱機能も改善された。

この研究は、EBioMedicine誌に発表された。

続きを読む

pregnant_1


多発性硬化症(MS)の妊婦が妊娠初期にタイサブリによる治療を受けた場合、治療を受けない場合やβ‐インターフェロンによる治療の場合に比べて、胎児の流産や先天性異常のリスクが上昇することが報告された。


妊娠前から長期間、MS治療を行わず、出産後一か月で治療再開した場合には、母親のMS再発リスクが上昇することも明らかになった。

これらの結果は、イタリアの複数の医療機関から集められたデータを基に明らかにされ、Neurology誌に発表された。

続きを読む

brain_2


イギリスの研究チームは、皮膚細胞から作製した神経幹細胞によって、動物実験において多発性硬化症の神経損傷が回復されたことを発表した。この成果により、この病気の個別化医療の実現がまた一歩近づいたかもしれない。


University of Cambridgeの研究チームは、成体のマウスから採取した皮膚細胞を再プログラム化することによって、神経幹細胞へと変化させた。

この人工的な神経幹細胞(induced neural stem cells, iNCS)をマウスの脳脊髄液に移植することで、炎症が抑えられ、中枢神経の損傷が回復された。

この論文は、Cell Stem Cell誌に発表された。

続きを読む

medicine_1


多発性硬化症(MS)の治療薬として広く使われるβ‐インターフェロンの潜在的な副作用が、包括的な研究で明らかにされた。


この研究は、再発寛解型MSに対するβ‐インターフェロンの潜在的な副作用を明らかにすることを目的に行われた。1995年から2008年までのカナダ、ブリティッシュコロンビア州のMS患者2000人の医療記録が分析された。

研究の結果、β‐インターフェロンを用いたMS治療によって、心臓発作、片頭痛、うつ病、血液の異常のリスクが上昇することが明らかになった。

続きを読む

神経細胞


多発性硬化症は、筋肉の弱化、視覚障害、麻痺などの症状が出る自己免疫疾患だ。今のところ、治療は症状の緩和を中心としているが、根本的な治療に向けた研究が続けられている。


多発性硬化症(MS)の根本的な原因は未解明であるが、一つの特徴として神経細胞の脱ミエリン化がある。

この脱ミエリン化のプロセスでは、免疫系が神経細胞を保護するミエリンを攻撃して損傷させる。この損傷の結果、神経細胞の間のシグナル伝達が妨害され、視覚や筋肉での症状が現れる。したがって、MSの研究者らが挑戦する目標の一つは、効率的に再ミエリン化を促す方法を探すことである。

続きを読む

↑このページのトップヘ