健康科学速報

ヘルスケア分野の科学技術の海外ニュースを伝えます。

2017年11月

cinnamon_1


シナモンの香り成分であるシナムアルデヒドが、脂肪細胞に作用して脂肪の代謝を促進することが解明された。 

Michigan大学の研究チームは、シナモンの成分であるシナムアルデヒド(cinnamaldehyde)が、人間の脂肪細胞に及ぼす影響についての研究をMetabolism誌に発表した。以前の研究により、シナムアルデヒドがマウスの肥満や高脂血症を抑えることが知られていたが、今回の研究ではその作用メカニズムに焦点が当てられた。


続きを読む

belly_1

動物実験により、腸内細菌が多発性硬化症を引き起こす可能性が示唆された。多発性硬化症の遺伝的リスクを持つ人々において、若い頃の腸内のバクテリアの変化が、多発性硬化症を発症する引き金となったり、その症状の進行を早めたりするかもしれない。


新たな研究によって、腸内のバクテリアの変化と多発性硬化症(Multiple Screlosis, MS)のリスク遺伝子が協調して病気を引き起こすメカニズムがPNAS誌に報告された。また、MS研究のためのユニークなモデルマウスの開発も合わせて発表された。


続きを読む

pregnant_2

新たなメタアナリシスによって、女性のビタミンDの状態と生殖補助医療の成功率の間には相関があると結論付けられた。


不妊症と生殖補助医療


不妊症は広く一般にみられる苦痛を伴う問題で、米国では610万組のカップルが影響されていると推定される。これは、妊娠可能年齢の全てのカップルの10%に相当する。

生殖補助医療(Assisted Reproduction Therapy, ART)である体外受精(in vitro fertilization, IVF)や排卵誘発剤(fertility medication)の使用は、最近では広く用いられるようになってきており、その成功率も上昇している。

体外受精の成功率は女性の年齢や病院に依存するが、米国では13%から43%とされている。

初期においては、生殖補助医療の成功率は、受精卵の選別法を改良することにより上昇してきた。しかし、より最近ではその成功率の上昇は伸び悩み始めている。


続きを読む

girl_3


造血幹細胞に存在するあるタンパク質を増加させることによって、免疫系の膵臓のインスリン産生細胞への攻撃を止めさせることで、Ⅰ型糖尿病を治療することが可能になるかもしれない。


Boston Children's Hospitalの研究者らは、造血幹細胞中のPD-L1と呼ばれるタンパク質の産生を増加させることで、糖尿病モデルマウスの高い血糖値の症状が打ち消されることを見つけ出した。この成果はScience Translational Medicine誌に発表された。


続きを読む

stomachache_1


新しい研究によって、抗原虫薬ニタゾキサニド(nitazoxanide)が大腸および前立腺がんの増殖を抑える効果を持つことが報告された。


大腸がんと前立腺がん


American Cancer Societyによれば、前立腺がんは米国の男性において二番目に多いがんで、すべてのがんの中で9.6%を占めている。一方で、大腸がんは米国で新たに診断されるがんの中で、全体の8%を占めている。

日本では、大腸がんは男性では三番目、女性では二番目に多く見られ、前立腺がんは男性の4番目に多くみられている(大腸がん情報サイト)。

前立腺がんと大腸がんの発生メカニズムとして、Wnt/β-カテニンシグナルの機能不全が、これらのがんの成長と増殖を引き起こすことが知られている。


続きを読む

↑このページのトップヘ