カテゴリ:
coffee_2


コーヒーは健康に良い作用が色々とあることが知られていますが、さらに認知症を防ぐ効果があるかもしれません。

カナダのKrembil Research Instituteの研究チームは、コーヒーが脳を認知症から守り、思考力を高めるメカニズムを研究しました。

コーヒーを消費することで、アルツハイマー病やパーキンソン病のリスクが低下します。しかし、その効果をもたらす成分が何かはわかっていませんでした。

Frontiers in Neuroscience誌に掲載された論文によれば、脳の保護作用はカフェイン量には関係がなく、コーヒー豆をローストする際に発生するある化合物が重要な可能性があるそうです。


コーヒー豆のローストが重要



この研究では、三種類のコーヒー豆を比較しています。カフェイン入りダークロースト、カフェイン入りライトロースト、カフェイン抜きのダークローストの三種類です。

カフェイン入りのダークローストとカフェイン抜きのダークローストは同じ効果を示したことから、カフェインの作用ではないことが示唆されました。そこで、研究チームは、コーヒーの苦み成分であるフェニルインダンに着目しました。


phenylindanes

フェニルインダン


アルツハイマー病やパーキンソン病では、ある種のタンパク質(タウ、βアミロイド)が凝り固まることで毒性を持ち、神経細胞が死ぬことが知られています。フェニルインダンはこの凝集を防ぐことが示唆されました。

ロースト時間が長いほど、フェニルインダンは多く生成すると考えられます。つまり、カフェインの有無にかかわらず、ダークローストのコーヒーが強い脳の保護作用を示す可能性があります。

今後、研究チームはフェニルインダンの体内動態などについて研究を進めるということです。




参考:How coffee protects the brain