exercise


シトルリンはアミノ酸の一種で、健康の維持や運動のためのサプリメントとして人気を得ています。

シトルリンは我々の体内で作られ、食品からも摂取できますが、さらにサプリメントとして摂ることで通常よりもシトルリンの体内濃度を高めることができます。

しかしシトルリンが本当に効果があるのかは、賛否両論あるようです。

このページでは、シトルリンのサプリメントとしての効能を科学的な研究結果とともに紹介します。

SPONSORED LINK

シトルリンとは何か?


シトルリンは、もともとスイカから発見されたアミノ酸です。

シトルリンは、いわゆる必須アミノ酸ではありません。つまり、食品から摂らなくても我々の体内で自然に生合成されます。

しかしながら、食品やサプリメントからシトルリンを摂取することによって、体内で生合成された分に加えてシトルリンの体内濃度を高めることができます。

そして、シトルリン濃度を高めることで、我々の健康や運動のパフォーマンスに影響を与えると考えられています。

シトルリンは、体内で特別な役割を果たしています。アミノ酸の役割といえば、我々の体に重要なたんぱく質の原料となることが思い浮かぶかもしれませんが、シトルリンはたんぱく質に組み込まれることはありません。

シトルリンは、体内の老廃物を取り除くための尿素サイクルと呼ばれる過程に関わっています。尿素サイクルでは、アンモニアを尿素へと変換し、体内から排出しています。

シトルリンの別の役割として、血管を拡張させることが知られており、これが筋肉の形成に役立つかもしれないと言われています。


シトルリンの体内での作用


シトルリンは、我々の体にどのような作用をもたらすのでしょうか?

主な作用のひとつは、血管を拡張させる作用です。

血管が拡張されると、血圧が低下し、血流量が増加します。

血管拡張のメカニズムは、シトルリンがまず体内でアルギニンとよばれる別のアミノ酸へと変化します。

アルギニンは一酸化窒素と呼ばれる分子の原料となり、この一酸化窒素が血管の筋肉を弛緩させて血管を拡張させます。

シトルリンを摂取すると、面白いことにアルギニン自体を食べるよりもアルギニン量が増加するという結果も知られています。

これは、シトルリンがアルギニンよりも体に吸収される効率が高いためと考えられています。

この一酸化窒素による血流量の増加が、シトルリンが運動のパフォーマンスを改善すると考えれている一因です。

さらにシトルリンは、直接にたんぱく質の原料になるわけではありませんが、シグナル伝達経路を刺激することでたんぱく質合成を促し、筋肉の形成を促進する効果があることが知られています。

一方で、シトルリンは肝臓でのアミノ酸の取り込みを防ぐことで、アミノ酸の分解を防ぐことも知られています。

たんぱく質の合成を促進すると同時にアミノ酸の分解を防ぐというこの二つの作用によって、筋肉の成長を促す効果があると考えられています。


シトルリンを含む食品


シトルリンは我々の体で自然に作られますが、食品からも摂取できます。

シトルリンを豊富に含む食品には、以下のものがあります。
  • スイカ
  • カボチャ
  • キュウリ
  • ニガウリ
  • ヘチマ


シトルリンのサプリメント


シトルリンは、主に二種類のサプリメントとして入手できます。
  • L-シトルリン:シトルリンだけを含みます。
  • シトルリンマレート:シトルリンとともにリンゴ酸(マレート)を含んでいます。リンゴ酸はエネルギー産生に重要な成分です。
いずれも同様の効果を持つと考えられますが、シトルリンマレートは運動用サプリメントとして一般的なようです。









 参考:Should You Take Citrulline Supplements?