sanma_1


ω3脂肪酸のサプリメントは、乾癬に対する天然の治療法として人気を集めている。その背景にある科学的根拠やメカニズム、および適切な摂取源は何だろうか?

ω3脂肪酸は、肌の状態や心臓の健康を改善するなど様々な健康機能を持っている。

このページでは、乾癬の症状に対するω3脂肪酸の効能を裏付ける科学的根拠について見ていこう。また、適切な摂取量と摂るべき食品およびサプリメントについても紹介する。


ω3脂肪酸は乾癬を改善するか


科学的研究によって、オメガ3脂肪酸は乾癬の様々な兆候と症状を改善しうることが知られている。

Journal of the American Academy of Dermatologyに発表されたある総説では、15件のうち12件の臨床試験によって、オメガ3脂肪酸が乾癬の症状を改善したことが紹介されている。

オメガ3脂肪酸の効果には、皮膚の赤み、かゆみ、皮膚の剥がれ、炎症などを改善することが含まれる。

口からオメガ3脂肪酸を摂取した場合、効果は三か月間かそれ以上持続することが示唆されている。

目に見える症状だけでなく、オメガ3脂肪酸は長期間の健康リスクを減らす助けになってくれる。乾癬の患者は心臓病を発症しやすいことが知られているが、オメガ3脂肪酸を摂取することで心臓関連死と心臓病のリスクを減らすことができるかもしれない。

例えば、アメリカ政府の出すDietary Guidelines for Americansでは、魚介類を食べることが心臓病のリスク減少につながることが紹介されている。

また、多くの研究が高投与量のω3脂肪酸を用いていたり、静脈注射によって投与していたりすることには注意が必要だ。これらの試験での結果は、日常生活の中でω3脂肪酸を摂取した場合の効果と必ずしも一致しないかもしれない。

関連記事【多発性硬化症】オメガ3脂肪酸がMS発症リスクを下げる


ω3脂肪酸の適切な摂取量は?


ω3脂肪酸の効果を十分に得るためには、サプリメントに含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)をバランスよく摂る必要がある。この二種類の脂肪酸は、魚油のサプリメントのほとんどに含まれている。

Dietary Guidelines for Americansによれば、一週間に240グラムの魚介類を食べることで、約250ミリグラムのEPAおよびDHAを摂ることができ、心臓死のリスクを減らせるとしている。

National Psoriasis FoundationのWilson Liao医師によれば、オメガ3脂肪酸のサプリメントを摂る際には、少ない量から徐々に始めるべきだという。

「もしサプリメントを試したいということであれば、一日あたり1グラムのEPAと0.5グラムのDHAを八週間続け、肌の状態が改善するかどうかを観察すると良いでしょう」と彼はアドバイスする。

サプリメントを摂取する最も効果的なタイミングは、食事中か食事の直後だ。

ω3脂肪酸を乾癬治療に用いる前に、医師と相談する方が良い。高投与量のサプリメントは、吐き気、下痢やその他の消化の問題を引き起こす可能性がある。ただしこれらの副作用が起こったとしても、その程度は通常は軽いものに留まる。

関連記事更年期障害を予防する食品


ω3脂肪酸の最適な摂取源


ω3脂肪酸を何から摂取するのが最も効果的かについては、いまだ研究段階だ。

魚介類を毎日食べるのが容易ではない場合には、サプリメントを利用するのが最も簡単な方法だろう。

ただし、オメガ3脂肪酸はサプリメントからよりも、食品から摂取したほうが吸収の効率が良くなる可能性もある。

ω3脂肪酸を含む食品は数多く存在するが、それらの食品が含む成分は食品ごとに異なっている。栄養素の成分ラベルをよく見た上で、摂取する食品を考えるのが良いだろう。

オメガ3脂肪酸を含む健康的な食品としては、以下のような食品が例として挙げられる。
  • ニシン
  • イワシ
  • サバ
  • くるみ
  • フラックスシードオイル
  • チアシード

ω3脂肪酸をどの食品から摂るのが最善かについては、現在まで知られていない。個人の好みによって、食べやすい食品を選ぶと良いだろう。




乾癬のためのその他のサプリメント



乾癬の改善のために最も良いサプリメントについては、現在も研究が行われている。

先の総説によれば、魚油サプリメントは、ビタミンD、ビタミンB-12、あるいはセレニウムよりも乾癬に有効なことが示唆されている。

National Psoriasis Foundationによれば、有効かもしれない天然の治療法には以下のようなものがある。

ビタミンD

ビタミンDサプリメントは免疫系を活性化および維持するのを助け、乾癬のような自己免疫疾患の状態を改善するかもしれない。

関連記事【関節リウマチ】関節の痛みに対するサプリメントと栄養素:ビタミンDの効果

ターメリック

ターメリックは、抗炎症および抗酸化作用を持つ植物由来成分だ。口からターメリックのサプリメントを摂ることで、乾癬の症状が抑えられるかもしれない。

関連記事関節リウマチを避けるための食品33品目

オレゴングレープ

オレゴングレープは、軽度から中程度の乾癬の症状を治療できる塗り薬として利用される。口から摂るサプリメントとしても利用できるが、医師との相談が必要。


オオアザミや月見草オイルについては、乾癬への有効性を示す科学的根拠はこれまでに知られていない。


その他の目に見える外部の症状を改善する方法として以下のものがある。

アロエベラ

アロエベラを使うことで、肌の赤みや剥がれを抑えられる。

リンゴ酢

頭皮にリンゴ酢を使うことで、かゆみを抑えられるかもしれない。ただし、頭皮に傷や出血がある場合には使用してはいけない。


まとめ


オメガ3脂肪酸は、乾癬の症状に効果があるかもしれない。ただし、必ずしも全ての人に効果があるとは限らず、オメガ3脂肪酸の摂取源や作用メカニズムについては、いまだに研究段階だ。

魚を食べることは、サプリメントとしてオメガ3脂肪酸を摂取するよりも、栄養的に優れているかもしれないが、オメガ3脂肪酸のサプリメントを摂取することも有効である。

また、オメガ3脂肪酸のサプリメントは、乾癬患者を含む人々で心臓血管系の健康を改善することが示唆されており、医師の指導のもとにオメガ3脂肪酸を使用することは、通常安全である。

オメガ3脂肪酸を摂取することに重大なリスクはないと考えられる。最も一般的な副作用は、吐き気、消化不良、下痢などがある。

ただし、抗血液凝固薬であるワルファリンを服用している人は、オメガ3脂肪酸が出血のリスクを高める恐れがあるので、オメガ3脂肪酸のサプリメントを摂取すべきでない。







参考:Does taking omega-3 help with psoriasis?