遺伝子治療で血中コレステロールを下げる

カテゴリ:
rhesus monkey

Nature Biotechnology誌に発表された新しい研究によれば、高コレステロールによる心臓病のリスクが高い患者は、近い将来、遺伝子編集の技術を用いた安全かつ効果的な治療を受けられるようになるかもしれない。

高コレステロール血症では、血中のコレステロール濃度が高まることによって、冠動脈の病気のリスクが大きく高まる。

高コレステロール血症の患者の多くは、治療のためにスタチンを服用するが、一部の人ではこれらの薬はコレステロールを十分に下げることができない。

いくつかの研究によれば、患者の7人に一人はコレステロールを下げるためにPCSK9阻害薬と呼ばれる薬に頼る必要がある。

しかし、PCSK9阻害薬は、何度も注射によって投与される必要があるため不便であり、一部の患者では忍容性の問題も生じる。

ペンシルバニア大学Perelman School of Medicineの研究チームは、そのような患者のために遺伝子編集による解決策を開発した。

今回の新しい研究では、アカゲザルにゲノム編集を行うことによって、血中コレステロールを下げることに成功したという。

【多発性硬化症】日光、フルーツ、コーヒーはMS発症リスクを下げる

カテゴリ:
coffee fruits


日光を浴び、日常的にフルーツを食べ、コーヒーを飲むことは、多発性硬化症(MS)のリスク低下につながることがサウジアラビアから報告された。一方で、ファストフードの食べ過ぎはリスクを上げることも明らかになった。

この研究は、BMC Neurology誌に掲載された。

肥満を改善する生活習慣10選

カテゴリ:
lady_1


健康を保つためには、食事や運動に気を付けることは欠かせません。ただし、ダイエットする時には正しい方法で行うことが大事です。

巷にはダイエット効果を謳ったサプリメントや食事法が数多くありますが、その多くは科学的根拠を持っていません。

誤った方法によってダイエットを行っては、健康を害する危険すらあります。ダイエットをするときは、科学的な根拠に基づく方法で健康的に体重を減らしましょう。

特に体重を減らす目的であれば、運動よりも食事内容に気を付けることが効果的だということが知られています。実際に、ある研究によれば、運動だけでは体重を減らす効果は小さいようです。

運動以外の科学的に実証されたダイエット方法には、摂取カロリーの記録、断続的な断食、そして、炭水化物を減らすことなどがあります。

今回は、そんな科学的な根拠を持つ10の生活習慣とダイエット方法をご紹介します。




【多発性硬化症】カンナビジオールEHP-101は神経損傷を防ぐ

カテゴリ:
taima_1


大麻の成分であるカンナビジオール(CBD)由来の化合物EHP-101が、再ミエリン化を促進し、神経細胞への損傷を防ぐことが、多発性硬化症(MS)のモデル動物を用いた実験で示された。この化合物は、脳と脊髄の免疫細胞であるミクログリア細胞の活動を抑えることも明らかになった。

EHP-101の開発を行うエメラルド社は、今年の後半にもカンナビジオール(CDB)由来のこの治療法について、第Ⅰ相臨床試験を開始する予定だ。

このページのトップヘ

見出し画像
×