断食によって血管年齢が若く保たれる

カテゴリ:
fasting


断食によって血管の老化が遅くなるという新しい研究が発表されました。この発見はがん、心臓病、認知症などの加齢に伴う色々な病気の予防に役立つかもしれません。

超高齢化社会を迎える日本では、若さを保つことは健康に過ごす上でますます重要になってきています。

ジョージア州立大学のMing-Hui Zou博士らの研究チームは、カロリー摂取を制限することで、血管の老化を遅らせる分子が分泌されることを報告しました。

この研究はMolecular Cell誌に掲載されました。

【多発性硬化症】コレステロール生合成阻害薬による神経の再生

カテゴリ:
neuron


コレステロールの生合成を阻害する薬剤がミエリンの再生を促進することが発見された。この発見は、多発性硬化症(MS)の新たな再生医療へとつながるかもしれない。

実際に、Convelo Therapeutics社からの発表によれば、同社はこの画期的な発見を基にした新薬開発に乗り出すという。

この研究論文は、Nature誌に掲載された。

【ダイエットの科学】糖を食べて痩せる?マンノースが腸内細菌に与える影響

カテゴリ:
fat_2


マンノースという糖には、ダイエット効果があるかもしれません。

マンノースは代謝の改善と腸内細菌への影響によって、体重を減らす効果があることが動物実験から証明されました。この糖を摂ることで肥満を防ぐことができるかもしれません。

腸内細菌と我々の体重増加には、関連があると考えられています。

皮下脂肪の蓄積には、腸内細菌が重要な役割を果たしています。ある研究によれば、この体重をコントロールする過程には遺伝子よりも食事内容の影響が大きいそうです。

最近発表された新しい研究では、マンノースと呼ばれる糖が腸内細菌と体重増加に与える影響がマウスを使って調べられました。

mannose
マンノースの化学構造

食物繊維は脳の炎症を抑え、老化を遅らせる

カテゴリ:
vegitables


食物繊維は健康を保つための鍵となる栄養素ですが、新たな研究によって脳の老化を防ぐ効果もあることが報告されました。

食物繊維の豊富な食品を食べると、炎症を防ぐ効果のある脂肪酸であるブチレートが産生され、その結果、脳の老化が遅れるということです。食物繊維が豊富な食品には、ブロッコリー、ナッツ、オーツ、豆、全粒穀物などがあります。

この研究は、Frontiers in Immunology誌に発表されました。

このページのトップヘ

見出し画像
×