【線維筋痛症】ビタミンDと抗うつ薬が症状を軽減する可能性

カテゴリ:
drug_2


ビタミンDが不足している線維筋痛症の患者は、ビタミンDのサプリメントと抗うつ薬の組み合わせで身体と精神の状態が改善するかもしれない。

この論文は、Medical Journal of the Islamic Republic of Iranに掲載された。

【多発性硬化症】脳のリンパ管が発病に果たす役割

カテゴリ:
massage


多発性硬化症(MS)の原因は、いまだに解明されていません。しかし、新たな研究によれば、脳内のリンパ節から送られる奇妙なシグナルがMSの発症に関与しているかもしれません。

MSでは、神経細胞を取り巻くミエリン鞘を免疫系が攻撃することによって、脳細胞のネットワークが影響を受けます。

これによって体のバランス障害や筋肉の弱化、視覚障害などのMS症状が現れます。

どうして免疫系が脳細胞を攻撃してしまうのか、その理由はいまだに解明されていません。

しかし、バージニア大学の研究チームが発表した論文によれば、リンパ節からの予想外のシグナルが発病に関与する可能性があるようです。

断食によって血管年齢が若く保たれる

カテゴリ:
fasting


断食によって血管の老化が遅くなるという新しい研究が発表されました。この発見はがん、心臓病、認知症などの加齢に伴う色々な病気の予防に役立つかもしれません。

超高齢化社会を迎える日本では、若さを保つことは健康に過ごす上でますます重要になってきています。

ジョージア州立大学のMing-Hui Zou博士らの研究チームは、カロリー摂取を制限することで、血管の老化を遅らせる分子が分泌されることを報告しました。

この研究はMolecular Cell誌に掲載されました。

【多発性硬化症】コレステロール生合成阻害薬による神経の再生

カテゴリ:
neuron


コレステロールの生合成を阻害する薬剤がミエリンの再生を促進することが発見された。この発見は、多発性硬化症(MS)の新たな再生医療へとつながるかもしれない。

実際に、Convelo Therapeutics社からの発表によれば、同社はこの画期的な発見を基にした新薬開発に乗り出すという。

この研究論文は、Nature誌に掲載された。

このページのトップヘ

見出し画像
×