シトルリンは効果なし?増大効果に関する科学的根拠

カテゴリ:
exercise


シトルリンはアミノ酸の一種で、健康の維持や運動のためのサプリメントとして人気を得ています。

シトルリンは我々の体内で作られ、食品からも摂取できますが、さらにサプリメントとして摂ることで通常よりもシトルリンの体内濃度を高めることができます。

しかしシトルリンが本当に効果があるのかは、賛否両論あるようです。

このページでは、シトルリンのサプリメントとしての効能を科学的な研究結果とともに紹介します。

ブドウ成分を鼻から入れると肺がん予防に効果的

カテゴリ:
grape


ブドウに含まれる化合物であるレスベラトロールを鼻から投与することで、効果的に肺がんを防げるという研究結果が発表されました。

肺がんは、世界的に最も多くみられる種類のがんの一つです。

日本では、2018年に肺がんによって77000人以上が死亡すると予想されています(国立がんセンター)。

喫煙が最も大きな原因であり、80~90%の肺がんの原因と言われています。

【線維筋痛症】ビタミンDと抗うつ薬が症状を軽減する可能性

カテゴリ:
drug_2


ビタミンDが不足している線維筋痛症の患者は、ビタミンDのサプリメントと抗うつ薬の組み合わせで身体と精神の状態が改善するかもしれない。

この論文は、Medical Journal of the Islamic Republic of Iranに掲載された。

【多発性硬化症】脳のリンパ管が発病に果たす役割

カテゴリ:
massage


多発性硬化症(MS)の原因は、いまだに解明されていません。しかし、新たな研究によれば、脳内のリンパ節から送られる奇妙なシグナルがMSの発症に関与しているかもしれません。

MSでは、神経細胞を取り巻くミエリン鞘を免疫系が攻撃することによって、脳細胞のネットワークが影響を受けます。

これによって体のバランス障害や筋肉の弱化、視覚障害などのMS症状が現れます。

どうして免疫系が脳細胞を攻撃してしまうのか、その理由はいまだに解明されていません。

しかし、バージニア大学の研究チームが発表した論文によれば、リンパ節からの予想外のシグナルが発病に関与する可能性があるようです。

このページのトップヘ

見出し画像
×