健康科学速報

ヘルスケア分野の科学技術の海外ニュースを伝えます。

autism_1


State University of New Yorkで行われた研究により、抗がん剤が自閉症に関連する社会性の欠如からの回復に役立つ可能性が示された。

Nature Neuroscience誌に掲載された論文の中で、研究者らはリンパ腫の治療薬であるロミデプシン(Romdepsin)を低用量で投与することで、自閉症モデルマウスの遺伝子発現を起こし、マウスが社会性の障害から回復したことを報告した。

続きを読む

hospital_1


シポニモド(Siponimod)は、二次性進行型の多発性硬化症(MS)患者で障害が進行するリスクを下げることが第三相臨床試験で示された。

このNovartis社による試験の結果は、The Lancet誌で報告された。

続きを読む

smoking_1


タバコの喫煙がインターフェロン‐β治療を受けている再発寛解型の多発性硬化症(MS)患者の再発率を上昇させることが報告された。

この発見は、再発寛解型MS患者はタバコを止めることによって再発を少なくできる可能性を示唆している。

この結果は、Neurology誌で報告された。

続きを読む

mental_1


うつ、不安、およびその他の気分障害は、女性の多発性硬化症(MS)患者の身体障害に影響を与えることがカナダでの研究により報告された。

この論文は、Neurology誌上で発表された。

続きを読む

neck_1


慢性疲労症候群(Chronic fatigue syndrome)の原因は未だ謎に包まれている。新たな研究が、この病気と甲状腺ホルモンの低下との関係を明らかにした。

アメリカ疾病管理予防センター(CDC)によれば、アメリカ合衆国では836,000人から250万人が慢性疲労症候群(筋痛性脳脊髄炎としても知られる)を患っている。

慢性疲労症候群は、非常に強い疲労感が特徴で、痛み、めまい、集中力の欠如を伴うこともある。

この疾患はしばしば生活の質の大幅な低下につながるにも関わらず、多くの人は公式な診断を受けることができず、病気の原因が不明なこともあって必ずしも適切な治療を受けることもできない。

そのため、この症状を特徴づける生物学的なメカニズムの解明に向けて研究が進められている。

最近、オランダとスペインの共同研究グループがこの病気に関する新たな説を発表した。

続きを読む

↑このページのトップヘ